Others

更新日:

【新卒採用】業種・職種について

留学生と話していると、たまに下記のようなことを話す人がいますが、ちゃんと会社のことを理解していればそういうことはなくなると思います。

・経済を勉強してきたから、経済に関する仕事がしたい!

・日本語を勉強してきたから、日本語を活かせる仕事がしたい!

経済の知識はビジネスパーソンとして必須ですし、日本語も日本で働くんだから絶対に使います!!

 

会社の組織の形は会社の戦略によりますが、大体下記のようになってます。

1. Executive  / 経営幹部 (社長、執行役員)

2. Manager /  部長

3. Div.(Division) / 部署

部署(Division)の分け方は会社の業種・規模・戦略によって違いますが、職種別が一般的です。プロダクト別なども最近よく見られます。入社したら必ずどこかの部署に配属になります。どのような職種があるかについてですが、代表的なのは下記のような分け方です。

  1. 販売 (Sales&Marketing) ...  会社の売上を伸ばす仕事であり、マーケティング、営業、販売 などがあります。マーケティングは中長期的な売上を上げること、営業は短期的な売上を上げること、販売は購買意欲のあるお客様に対して購入をサポートすることが仕事です。
  2. 生産 (Production) ...  品質、コスト、納期に責任をもち、自社のものづくり全般を担う仕事です。
  3. 研究開発 (Research&Development)...現在のニーズではなく、将来的なニーズにマッチした、新商品の開発を行います。
  4. 総務 (Back Office) ... 会社を後方から支える仕事で、経理、財務、人事などがあります。経理の仕事は日々の入出金を管理であり、財務の仕事は銀行などから借り入れること、人事の仕事は、採用や研修・労務管理などが仕事です。

日本の新卒採用では総合職として入社し、何らかの部署に配属され、様々な仕事を経験し (ジョブローテーション)将来的に、リーダー、マネージャー(Manager)、経営幹部(Exective) を目指していく採用が代表的です。とりあえず、会社の一般的な組織と役割だけ把握しておくことが重要です。

-Others

Copyright© ASEAN CAREER Tips , 2020 All Rights Reserved.