Others

更新日:

【新卒採用】新卒採用って何?

 

日本で就職したい留学生のみなさん、新卒(しんそつ)採用について、ぜひ読んでください!

日本の会社って新卒(しんそつ)採用という文化があります。日本だけの特殊な採用文化です。これを理解してないと、いくら能力やスキルのある学生でも就職できません。私は能力・スキルのある学生が、この文化を理解できていないために、希望の仕事につけなかったり、就職できないで母国に帰った人を見てきました。

新卒採用は遠い将来、会社の経営の中心となる人を、多額の時間とコストを投入し、ゼロの状態から育てる制度です。ですので、面接の時にはスキル・経験よりも、可能性を重要視します。みなさんの国や、日本での中途採用・経験者採用は、スキル・経験を見て、1回か2回かの面接で採用をすぐに決めると思います。

可能性とは、「自社に長く定着し、大きく成長し、数年後には戦力として会社に利益をもたらす人かどうか? 」それがポイントになります。スキル・経験の評価はすぐにできますが、可能性の評価は時間がかかったり、選考フローが自然と長くなったりもします。つまり、新卒の就職活動は余裕を持ったスケジュールを考えることが大切なのです。とても準備に時間がかかるのです。

また先ほども言いましたが、新卒採用は、遠い将来会社の経営の中心となる人を採用する目的がほとんどであり、SpecialistよりかはGeneralistを育成する傾向にあります。Generalistは会社全体ことを知らないといけません。入社した後は1つの部署でステップアップしていくのは珍しく、自社を理解するのに必要な多くの仕事を経験してもらいます。(ジョブローテーション)とも言います。

新卒から育成するGerneralistは総合職(そうごうしょく)とも呼ばれます。

例えば製造業(メーカー)の場合は、自社工場で製造工程を1年程度学んだ後、資材購買部で海外から資材の調達を2年経験、お金の動きも知って欲しいからその後は経理部で2年経験後、海外営業の部署に配属などよくあるお話なのです。

1つの仕事にこだわらず、様々な仕事を経験し、リーダー、マネージャー、経営幹部へとステップアップを考えている人には総合職はオススメです

さて、次回は、新卒採用には時間がかかるについて、書いていきたいと思います!

-Others

Copyright© ASEAN CAREER Tips , 2020 All Rights Reserved.